小石を積み上げる

小石を積み上げる。
倒れたらはじめからやり直し。
継続するための勉強のアウトプットノート。
英語、中国語、その他いろいろ。
興味のあることは取りあえずやってみます。

「 ニュースで英会話」を見て学習します 1

NHK「 ニュースで英会話」を見て学習するシリーズ  その1回目です。


この番組は英語と最新のニュースを学ぶことができる

一石二鳥の最強の教材です。解説がわかりやすく楽しみながら学べます。


2016年5月19日放送


5月11日のニュース①

G7 LEADERS TO ISSUE ACTION PLAN


Catch the Lead

今週のリード


Japanese government officials are responding to the revelations in the Panama Papers.

日本政府はパナマ文書において新たな事実がわかったことについて対応している。


They are putting together an action plan targeting corruption and bribery.

日本政府は汚職や賄賂を目的にしている行動計画をまとめている。


パナマ文書とは


パナマの法律事務所から流出した内部文書で、Tax Havenと呼ばれる租税回避地に

資金を移した企業や個人が明らかになった。

Tax Havenに資産を移すことは違法ではないが、それによって本来納めるべき税金 を逃れたり、汚職や犯罪の証拠を隠したりすることが起こりやすい。

特に税収不足は先進国が抱える共通の問題で、

公平な税負担による安定した税収入を確保するための方策作りが急務である。



ニュースに出てくる表現を確認

Concrete measures       具体的な策

Tax evasion                  税金逃れ 脱税

Disclose        暴露する 明らかにする

Crack down                厳重に取り締まる

Transparency      透明性



今日のニュース

Japanese government officials are responding to the revelations in the Panama Papers.

They are putting together an action plan targeting corruption and bribery.

G7 readers will announce the details when they meet in Japan’s Ise-Shima region for a summit later this month.

The plan is expected to include concrete measures against tax evasion.

One proposal is to disclose the names of people who set up firms to reduce their taxes.

The plans is also likely to include measures to help developing nations crack down on wrongdoing.

And it’s expected to call for greater transparency in contracts, especially competition heats up

For infrastructure projects in Asia and Africa.



The plan is expected to include concrete measures against tax evasion.

この行動計画に含まれることになっているのは、節税にたいする具体的な対策である

And it’s expected to call for greater transparency in contracts, especially competition heats up

For infrastructure projects in Asia and Africa.

そして、もう一つ予測されているのが、契約においての透明性を高めることである

特に競争が激化しているアジアやアフリカでインフラ事業(電気屋ガスなど社会的な行動基盤)である


Main Agenda for the G7 Ise-Shima Sunnit    

伊勢志摩サミットで主に取り上げられる議題


Global Ecconomy & Trade   世界経済・貿易

Foreign Policy        政治・外交問題

Climate Change & Energy   気候変動・エネルギー

Development   開発

Quality infrastructure Investment   質の高いインフラ投資

Health   保健

Women  女性



5月11日のニュース②

OBAMA TO VISIT HIROSHIMA

In a long-awaited development, the White House has announced Barack Obama will visit Hiroshima.

長く待ち望まれていた、オバマ大統領が広島を訪問することをホワイトハウスが発表した

He’ll be the first sitting U.S. president to visit the city that was devastated by American atomic bomb in 1945.

オバマ大統領は在職のアメリカ大統領としてはじめて1945年にアメリカが落とした原子爆弾によって

壊滅的な被害を受けた広島を訪問する


In a long-awaited development, the White House has announced Barack Obama will visit Hiroshima.

He’ll be the first sitting U.S. president to visit the city that was devastated by American atomic bomb in 1945.

The visit will happen while Obama is in Japan for the Group of Seven summit later this month.

The president intends to visit to send a much more forward-looking signal about his ambition for realizing the goal

Of a planet without nuclear weapons.

The spokesperson stressed that the visit is not an apology for the America dropping the nuclear bomb/


The president intends to visit to send a much more forward-looking signal about his ambition for realizing the goal

Of a planet without nuclear weapons.

大統領が訪問する意図は今までよりもっと前向きな意思表明をすることである

それは念願であった核兵器のない世界の実現である



解説

アメリカ国内には原爆の投下は戦争を終わらすために必要だったという意見が根強くあるため、

大統領が広島へ行き謝罪したと受け止められると、国内で大きな反発を招きかねない。

政治的に難しい判断であった。



アメリカの街の声


I think it’s important for people to, especially Americans, to visit that,

because I think it helps us just to think critically about our position in the world, and,

you know, what we should and shouldn’t do with our power.

私が思うにこれは特にアメリカ国民にとって重要である。

つまり世界における我が国の立場について批判的に考える助けになる、

また、我々が我が国の力を持って、何をすべきか、何をしてはならないかを。


I think probably he should not apologize,

But he should show empathy and sympathy for the people who suffered.

私の考えではおそらく大統領は謝罪しない方がいい。

ただ、彼は共感と同情を苦しんだ人々に見せるべきである。




今日の感想

取り合えずまとめただけです。1日分でも結構なボリュームでした。

継続は難しそうですが、少しずつでも取り組みたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。